ETC割引:ETCマイレージカード.net

スポンサードリンク





スポンサードリンク

ETC割引、100km以上でも通勤割引が可能?

ETCマイレージカード.net


ETCを利用している人ならご存じの方も多いであろう通勤割引。

これは朝と夕方の通勤時間帯(6時〜9時 or 17時〜20時)にETCを利用した場合に、100キロ以内であれば高速代が半額になるというサービスです。

ちょっと移動時間を工夫するだけで、高速代が半額になるのは大きいですよね。

ただし、この割引には100キロ以内という条件がついているので、行き先によっては使えないこともあります。

また、朝夕それぞれ最初の1回のみ割引が適用されることになっています。


そこでちょっと裏技も紹介したいと思います。

ETCカードを2枚用意して、通勤時間帯に一度100キロ以内のインターで降り、そこでカードを入れ替えて、再び高速に乗ります。

次の走行も100キロ以内であれば、1回目、2回目とも通勤割引が適用されます。


裏技なんて言いましたが、実はこの方法、夫婦でETCカードをそれぞれ持っていたり、一人で複数枚のカードを作ったりして結構使っている人は多いのです。

今はインターネットを利用すれば、100キロ区間のインターチェンジを検索したり高速料金を計算できるので、高速を使って出かけることがあるのでしたら、事前にどこで降りてカードを入れ替えるといくら安くなるのか、などの計画を立てると、それだけでも交通費をだいぶ安くすませることが出来ます。


ただし、ETCマイレージサービスを利用している場合、ポイントはカードごとに貯まり、合算することはできないので、上記の方法を使って高速走行するとポイントが分散されてしまいます。

ETCカードを複数枚持っているということは、マイレージカードもそれだけ持っていることと同様になります。

ちなみにETCマイレージサービスでは、サービスに申し込むとIDとパスワードが発行され、マイレージカードというカードは発行されません。

1枚のカードにまとめてポイントを貯めて、無料通行分として早く還元するのか、2枚のカードを利用してその都度高速料金を安く済ませるのか、高速道路の利用頻度によってどちらがお得かは違ってくると思います。

とりあえず、年会費無料のETCカードなら複数枚持っていても費用はかからないので、通勤割引を最大限に利用するために2枚ほど用意していてもよいかもしれませんね。

ただしカードの管理には十分気をつけてくださいね。



posted by マイレージ at 10:19 | Comment(1) | ETC割引

ETC割引の重複

ETCマイレージカード.net

ETCをご利用のみなさん、ETCマイレージサービスには、申込みまれていますか?

航空会社のマイレージカードという言葉は聞き慣れていても、「ETCのマイレージサービス?」と、よくわからないからとサービスを利用しないまま走ってるともったいないですよ。

簡単に言うと、ETCを利用して走行した分だけポイントが貯まり、貯まったポイントは無料走行分として還元できるというサービスです。
これは単にETCカードを作っただけでは利用できず、わざわざ自分で申し込まなければならないという手間はかかりますが、「マイレージカード」が改めて発行されるわけではないのでカード管理などの煩わしさなどはないと思います。
ポイントを還元する場合も、自動還元にしておけば、いちいちポイントを確認する手間も省けるでしょう。

ETCでは、このようなポイントサービスを利用することでお得に高速道路を走れるわけですが、もっとわかりやすいサービスに「ETC時間帯割引」というものもありますね。
こちらはご存知の方も多いと思いますが、通勤時間帯や深夜時間帯において高速道路をETCを利用して走行した場合に条件が合えば料金が割引されるというシステムです。
出発時間を少しずらしたり、その割引を使えるようにスケジュールを組んだりすることで、かなり高速代が節約できるのでうまく活用したい制度です。

でも、ここでちょっとした疑問があるかもしれません。
例えば、入口ゲートを通勤時間帯に通過し、途中のサービスエリアなどで休憩をしたりして、深夜時間帯に出口ゲートを通過した(100キロ以内の走行で)場合、割引はどのようになるのか?、ということです。

このように各種の割引が重複する場合には、もっとも割引率の高いものが適用されるみたいです。
つまり今の例でいくと、「通勤割引の5割引」と「深夜割引の3割引」が重複するので、割引率の高いほう、つまり通勤割引の5割引が適用されるというわけです。








posted by マイレージ at 17:50 | Comment(0) | ETC割引

お得な「ETC深夜割引」をうまく利用しましょう!

ETCマイレージカード.net

ガソリン代が驚くほど高くなりましたね。
数年前と比べると嘘のような値段になっています。

普段、通勤や買い物に自動車を使っている場合にはかなりの痛手だと思います。
対策として自転車通勤にしたり、電車を使うようになるなど、時間のロスはあるかもしれませんが健康には良いかもしれませんね。
半ば強制的にメタボ対策にもなるかもしれません・・・

こんな状況ですから、出費を抑えられるところではしっかりと抑えていきたいものです。

移動に車をよく使う人なら、ガソリン代がかかってしまう分、高速代などを節約できたら嬉しいですよね。
高速道路をお得に利用したいならETCを利用することをお勧めします。
ETCは料金所をノンストップで通過できるというだけでなく、さまざまな割引制度があるので、ETCの取付けにかかる初期費用のもとくらいはすぐに取れるでしょう。

利用価値の大きい割引制度としては、前回紹介した「通勤割引」、それと「深夜割引」があります。
「深夜割引」は、大都市近郊区間を除いた高速自動車道で、深夜時間帯にETCを利用して走行した場合、高速料金が3割引になるというものです。
深夜時間帯とは0時〜4時になりますが、その時間帯に入口か出口ゲートを通過しさえすれば適用される割引です。
例えば23時に高速に乗り、翌日10時に高速を降りたとしても、深夜時間帯をまたいでいるので割引が適用されることになります。
深夜割引は、通勤割引と違って走行距離に制限がないため、かなりお得に走ることができると思います。

ETCマイレージサービスを利用している場合、他の割引でも同様ですが、割引後の金額に対してポイントが付与されます。
それにしてもETCマイレージサービスは大変お得なサービスでしょう。

航空会社にもマイレージカード会員などがありますが、ETCマイレージほど還元率がよいものはなかなかないのではないでしょうか。
ETCマイレージサービスなら、たとえば50000円分走ると8000円分の無料走行分のポイントが付きます。
昔のハイウェイカードと同じ額ですね。

ETCマイレージサービスに申込むと、マイレージIDとパスワードが発行されます。
「マイレージカード」という専用カードは発行されないので、カード管理の煩わしさはありませんが、IDとパスワードの管理はしっかりしておきましょう。
現在のポイントや還元分を参照したり、ETC利用履歴の確認に必要になります。



posted by マイレージ at 19:04 | Comment(0) | ETC割引

結構使えます。「ETC通勤割引」

ETCマイレージカード.net

最近では、ETCもだいぶ普及し、各種の割引をうまく使って、交通費を節約している人が増えています。

ETC利用による割引の中には、実際に使ってみないとちょっとわかりにくいものもありますが、中でもよく利用されるものに「ETC通勤割引」があります。

この「通勤割引」とは、朝夕の通勤時間帯にETCを利用して高速道路を走行すると、高速料金が半額になるというサービスです。

具体的には、朝6時〜9時、夕方17時〜20時に、入口または出口ゲートをETC利用で通過し、高速道路の走行距離が100キロ以内であれば5割引になるというものです。
ただし割引が有効なのは、朝夕の時間帯で、それぞれ最初の1回限りになります。

例えば、朝6時に高速道路に入って90キロ走行して、7時に高速を降り、再び7時30分に高速に入って90キロ走行して8時半に高速を降りたとします。
この場合、どちらも通勤割引の条件には当てはまっているのですが、同じ朝の時間帯に2度走っているということで、前半の90キロ分だけが5割引となります。
朝の時間帯に高速を90キロ走り、帰りは夕方の時間帯に高速を90キロ走ってきた場合は、朝夕ともに5割引になります。

通勤割引は、6時〜9時の3時間の間に乗り降りしなければならないわけではなく、例えば6時過ぎに出口ゲートを通過した場合や、9時前に入口ゲートを通過した場合も割引はされますので、意外と適用範囲は広いかと思います。

ちょっと移動時間をずらすだけで高速料金が半額になるので、なかなか利用価値のある割引制度ではないでしょうか。

ちなみにETCマイレージサービスを利用している場合ですが、ポイントは割引後の料金に対して付きます。
つまり通常時の半分のポイントとなるわけです。(まぁ当然でしょうが・・・)。

ETCを利用している人ならマイレージサービスを利用しない手はないと思います。
各種割引を受けながらポイントも貯めて無料通行分に還元できるのですから。

ただETCマイレージサービスを受けるには、あらかじめ自分で申し込む必要があります。
それと、航空会社のマイレージとは、異なるものなので、混同しないようにしてくださいね。

たとえ発行されたETCカードがマイレージカードという名称だったとしても、ETCマイレージサービスは、自分で申し込んで初めてサービス開始となります。
知らずに走っていると、せっかく貯まるはずのポイントを捨てているようなものになりますから、もったいないですよ。


posted by マイレージ at 21:18 | Comment(0) | ETC割引
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。