ETC:ETCマイレージカード.net

スポンサードリンク





スポンサードリンク

高速道路での料金支払方法

ETCマイレージカード.net

高速道路を利用するとき、料金の支払いはどうされていますか?

高速道路の利用頻度が高い人なら、ETCを利用している人も多いかもしれませんね。
しかしまだ高速道路に乗るときに通行券を受け取り、出口で現金、あるいはクレジットカードで料金の精算する人の方が多いようです。

高速道路をあまり頻繁に利用しないのであれば、その都度料金を支払ってもそれほど不便には感じないでしょう。
ETCを利用するためには、車載器の購入、取付けやセットアップなどにも費用がかかってしまうので、ETC割引を利用しても元が取れるほど高速道路を利用しないのであれば、わざわざETCを付ける必要がないかもしれませんね。

クレジットカードで高速の料金を支払う場合は、通行券といっしょに料金所で係員に渡して精算してもらうわけですが、この場合、支払金額に応じて、それぞれのクレジットカードのポイントが付与されます。
普通にクレジットカードでショッピングをしたときと同じと考えてください。
クレジットカードのポイントを効率よく貯めるためには、できるだけカード支払いにした方がよいですね。
ただし、ETCカードではないので、時間帯割引などの各種割引は受けられませんし、ETCマイレージポイントも付きません。

ETCマイレージポイントですが、これはETCを利用して高速道路を走れば自動的にポイントが付くというものではなく、あらかじめ自分でマイレージサービスに申し込む必要があります。
使用可能なETCカードを用意して、ETC車載器番号などと一緒に登録しなければなりません。

このサービスは無料で利用でき、登録したETCカードに対してマイレージIDが発行されるもので、あらためてマイレージカードが発行されるわけではありません。
マイレージカードにポイントを貯めていくのではなく、ETCカードに貯めていくような感じです。


posted by マイレージ at 22:04 | Comment(0) | ETC

ETC車載器の種類について

ETCマイレージカード.net

現在だと、新車の購入時にETC車載器が付いてきたり、ディーラーのキャンペーンやイベントなどでETC車載器がもらえたり(これはあまり多くないですが・・・)と、特にETCの必要性を感じていない人でもETCを持っている、という人は結構いらっしゃるのではないかと思います。

また、ETCにも時間帯による割引やマイレージサービスなどお得プランがいろいろと出てきたため、普及率もかなり伸びてきているようです。

さて、みなさんは車を購入するときには、何に重点を置いて決めますか?

外見?乗り心地?機能や装備?それとも価格?

車の種類はたくさんあって価格帯も非常に幅が広いですが、いずれにしても決して安い買い物とは言えないので悩んで当然ですよね。


ETC車載器もいろいろなメーカーから発売されていますが、大きく分けると3つの種類になります。

まずは「2ピースタイプ」と呼ばれるもの。
これはETCカードの挿入部やETC情報の処理機能部分を含む本体と、アンテナが一体になっているタイプです。
ETC車載器本体と、ETCカードの二つで構成されるので、「2ピース」と呼ばれます。
価格が安く抑えられるというメリットがありますが、ダッシュボードの上に設置するので見た目や防犯の面ではややマイナスかもしれませんね。

次に「3ピースタイプ」です。
これは本体からアンテナ部分を分離したタイプのものです。
ダッシュボード上にアンテナ部分だけを設置し、本体は車内のどこでも自由に配置することができます。
(カードの出し入れが出来る場所でですが。)
好きなところに取り付けられるという反面、価格は2ピースタイプと比べて割高です。

あとは、最初から車に取り付けられている「ビルトインタイプ」というものがあります。
こちらはきれいに納まっているのでデザイン的に優れています。

どのタイプの車載器がよいかは、それぞれメリット・デメリットがありますので、よく比較検討した上、お好みで選んでください。

またETCを利用するのであれば、ぜひ「マイレージサービス」に申込むと良いと思います。

航空会社のマイレージカード会員とは異なりますが、乗った分だけマイレージが貯まって還元できる、という点では同じシステムです。

ETCマイレージサービスを申込むには、ETCカードの登録が必要になります、
登録したカードに対して「マイレージID」が発行されます。

改めて「マイレージカード」が発行されるわけではありませんが、インターネットを利用して、現在の保有ポイントや還元手続きなども行なえます。





スポンサードリンク
超大型カジノサイト 遂に日本上陸    本格的なカジノゲームを無料で体験
オンライン麻雀で現金を稼ぐ!     オンラインスロットで現金を稼ぐ!
posted by マイレージ at 10:03 | Comment(1) | ETC

ETCを利用するには?

ETCマイレージカード.net

最近のさまざまな技術の発展には目を見張るものがあり、生活の利便性を高めてくれるものや自然環境を保護するためのものなどが次々と開発されています。

何でもそうだと思いますが、新しいシステムがまだ開始されたばかりの頃や新商品が発売されてすぐの頃は、それらが自分たちの生活に一体どのように関わってくるのかなどわからないことも多々あり、「興味はあるけれど、とりあえず様子を見よう」と言う人も多いと思います。

自動車の有料道路料金自動支払いシステムの「ETC」も、そのようなもののひとつではないでしょうか。

当初は「高速の料金所をノンストップで通れるようになるらしい」と、普段から高速道路のインターでの渋滞にイライラしていた人には大変魅力的なシステムに思えたことだと思います。

しかし、今でこそETCも普及してきましたが、当時は、どうやって高速料金が計算されるのか、支払いはどうするのか、などわからないことも多かったのです。


ここでETCを利用するのには何が必要なのか、簡単に説明したいと思います。

まず、有料道路でETCを使うには、「ETC車載器」と「ETCカード」が必要です。

ETCカードはカード会社へ申し込んで、発行してもらいます。
カーディーラーなどでも手続きしてもらえます。

ETC車載器は車に搭載して中にETCカードを挿入して使用する機械で、カー用品店やカーディーラー、インターネットなどでも購入できます。

しかし実際には、ETCカードとETC車載器を用意するだけではまだETCを利用することはできません。

ETCを搭載した車の情報を車載器に登録する作業が必要です。
これを「セットアップ」と言って、カー用品店やディーラーなどで行なってもらいます。

セットアップまで完了し、晴れてETCを利用することができるようになります。

ETCを利用するのなら、せっかくですので「マイレージサービス」にも申し込んでおくとよいでしょう。

このマイレージサービスの申込みには、持っているETCカードを登録することが必要で、改めてマイレージカードが発行されるわけではありません。

登録したETCカードに対してマイレージIDが発行され、そこにポイントが貯まっていきます。
いわばETCカード兼マイレージカードといった感じになります。

利用料もかかりませんし、有料道路を利用する機会が多ければかなりポイントが貯まって以降の高速代として還元できます。

ETCのシステムや割引を理解して、お得に賢く利用しましょう。


posted by マイレージ at 16:52 | Comment(0) | ETC

「ETC」の仕組み・・・今更かもしれませんが。

ETCマイレージカード.net

車のテレビCMなどでも「ETC付属でこの価格!」などと聞かれ、今では高速道路をあまり利用しなくても「ETC」という言葉を耳にするようになってきました。

最初の頃はETC専用ゲートが設置されているインターチェンジがまだ今より少なく、「本当に普及するのだろうか?」という声も一部ではあったようですが、今では高速道路を利用する人の間では有効に活用されています。

さて、今更かもしれませんが、
そもそも「ETC」とは、どのような仕組みなのでしょうか?

簡単に言えば、有料道路での料金自動支払いシステムです。

有料道路の料金所ゲートに設置されたアンテナと、車に搭載したETC車載器のアンテナとの間で無線通信をして、料金の精算を自動的に行なうシステムです。

通行料は、登録してある口座から後日引き落としとなります。

このシステムによって、料金所で停止して、窓を開けて料金を支払うという手間が省けるので、料金所をノンストップで通過することができます。

渋滞緩和につながるのはもちろんのこと、アクセルとブレーキの操作がそれだけ省かれるので、環境のためにも良いと言えるかもしれません。

ETCを利用するメリットは、「渋滞回避」という他にも、有料道路を利用する際のさまざまな割引が受けられたり、「マイレージサービス」というポイントサービスを利用できることなどがあります。

マイレージサービスは、ETCを利用してで有料道路を通行するだけではポイントは貯まらず、サービスに申込む必要があります。

申込むのに料金はかかりませんし、「マイレージカード」が発行されるわけでもありません。

もともと使っているETCカード(あるいはこれから使おうとするETCカード)に対して「マイレージID」が発行され、マイレージカードとしての役目も果たします。

高速道路のインターでの渋滞を少しでも早くすり抜けるため、また通行料をお得に支払いたいという人には、ETCはぜひおすすめしたいシステムです。



posted by マイレージ at 17:08 | Comment(0) | ETC
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。