結構使えます。「ETC通勤割引」:ETCマイレージカード.net

スポンサードリンク





スポンサードリンク

結構使えます。「ETC通勤割引」

ETCマイレージカード.net

最近では、ETCもだいぶ普及し、各種の割引をうまく使って、交通費を節約している人が増えています。

ETC利用による割引の中には、実際に使ってみないとちょっとわかりにくいものもありますが、中でもよく利用されるものに「ETC通勤割引」があります。

この「通勤割引」とは、朝夕の通勤時間帯にETCを利用して高速道路を走行すると、高速料金が半額になるというサービスです。

具体的には、朝6時〜9時、夕方17時〜20時に、入口または出口ゲートをETC利用で通過し、高速道路の走行距離が100キロ以内であれば5割引になるというものです。
ただし割引が有効なのは、朝夕の時間帯で、それぞれ最初の1回限りになります。

例えば、朝6時に高速道路に入って90キロ走行して、7時に高速を降り、再び7時30分に高速に入って90キロ走行して8時半に高速を降りたとします。
この場合、どちらも通勤割引の条件には当てはまっているのですが、同じ朝の時間帯に2度走っているということで、前半の90キロ分だけが5割引となります。
朝の時間帯に高速を90キロ走り、帰りは夕方の時間帯に高速を90キロ走ってきた場合は、朝夕ともに5割引になります。

通勤割引は、6時〜9時の3時間の間に乗り降りしなければならないわけではなく、例えば6時過ぎに出口ゲートを通過した場合や、9時前に入口ゲートを通過した場合も割引はされますので、意外と適用範囲は広いかと思います。

ちょっと移動時間をずらすだけで高速料金が半額になるので、なかなか利用価値のある割引制度ではないでしょうか。

ちなみにETCマイレージサービスを利用している場合ですが、ポイントは割引後の料金に対して付きます。
つまり通常時の半分のポイントとなるわけです。(まぁ当然でしょうが・・・)。

ETCを利用している人ならマイレージサービスを利用しない手はないと思います。
各種割引を受けながらポイントも貯めて無料通行分に還元できるのですから。

ただETCマイレージサービスを受けるには、あらかじめ自分で申し込む必要があります。
それと、航空会社のマイレージとは、異なるものなので、混同しないようにしてくださいね。

たとえ発行されたETCカードがマイレージカードという名称だったとしても、ETCマイレージサービスは、自分で申し込んで初めてサービス開始となります。
知らずに走っていると、せっかく貯まるはずのポイントを捨てているようなものになりますから、もったいないですよ。


posted by マイレージ at 21:18 | Comment(0) | ETC割引
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。